2013年11月11日 (月)

ハイレゾ-3

Img_0318
DAC-1000こいつのおかげでiPodのトランスポート音源がどうも平面チックに聞こえてしまうようになったたぶんND-S1000にアップグレードしてもハイレゾに到底かなわないと思ってしまうぐらいmoraのハイレゾはすばらしい一曲150~250円(実は400円だった12/16訂正、ちと高いかなと思う、高くて150円ぐらいになればがんがん買いそうで怖いわ(持ってるCDと比較買いしたくなるね)

2013年11月10日 (日)

ハイレゾ奥が深そうですばい!

前回ハイレゾ音源初めて試したけど今回moraより250円で市販ハイレゾ音源を試しで買ったのでレビュー

結果は
市販ハイレゾ(mac)>>CD音源>>foobaer2000(アップコンバート)>iPod(トランスポート)
さすがに市販ハイレゾは録音レベルも高くて圧倒的な臨場感、残念ながらfoobar討ち死に
音の輪郭もさることながらダイナミック感が桁が違う同じドラムかよと思うほど「強弱の差」の差が違う、その点がCDとは違うCDは無難に鳴ってる感じ、好みによる差かも知れないけど奥が深いし一部で言われてるように金のムダではないとも言える結果でした

2013年11月 2日 (土)

ハイレゾ環境ってこれでいいのか?

いやーなんかやっと我が環境が変わったので久々に更新
据え置き環境にはまり「始めました」

Img_0311_2

mac book(foobar2000)USB192kHz/32bit→DAC-1000(バランス出力)→BLO-0169(バランス入出力→DT990pro

ハイレゾって唯の自己満足って記事よく見かけるけど確かに違う、高音が明らかにきらびやかに鳴る、今回娘のmac book 10.68を使わせてもらった(確かに頂いた)macの出力の設定で一括ハイレゾ設定があるのでwin(同様環境)と聞き比べてみた、結果は

mac(foobar2000)≧mac(iTunes)>win(foobar2000)>>win(iTunesノーマル)>ipodトランスポート>今まで自己慢のポータブル

Img_0312_2inlet:192kHz

凄いと思ったのはDT990pro、低音「ボヨヨーン、ワウワウ」が「ボーン」に鳴ってます、ああこれがDT990proの本来の音かと思った、あくまでも寒く冷たく乾いたまるで冬の北海道みたいな音質ですが実に気持の良い鳴りかた、GRADOは冬眠に入りました

誰かが言ってた「DT990pro本来の音はHD650より素直な音」を実感した次第であります

foobar2000は本来はwin専用ですがmikuinstallerというソフトでmacから起動させてます妖しいけど結構安定してますよ(たまにフリーズする)

2012年3月 7日 (水)

うれしい誤算ER-4S

Img_0290

インフルの影響ほとんどなくなったけど、出勤停止中なので夜更かしモードでER-4Sバランスド聞きまくり
で耳奥まで突っ込むので鼓膜が痛くなるこれは長時間は危険と感じボリュームは100Ω90dbにも関わらず32Ω98dbのRS-1iとほぼ同じ10時遮音性が超高いのでこれでも慣れてくると十分

でいろいろ聴きまくった結果面白いことに気が付いたメーカーの周波数特性表が付録されてるんだけど3.5~4KHzがピークで+12dbも、しかもTargetって書いてある、下にも黒線データがあって(クリックで拡大)これにはリスナーの聴感上を表すだって(意味わからんし)でも補聴器のメーカーだからその辺は得意なんだろうけど、これはULTRAZONEの周波数特性とは真逆ですな
ちなみに私の聴感上特性も記すとこんな感じ、随分と変わってるでしょ糞耳です、始まりの音圧は適当です、listnerと同じぐらいでしょ多分、小学校の頃から軟聴気味だって言われてたけど4KHzピークで聞こえないんじゃ当たり前か、でもその後の伸びは凄いんですね通常の倍ぐらい聞こえてるし、これはalneo付属のソフトでも同じ結果でした、皆さんも一度病院で計ると面白いですよ

Img_0291_2

で面白いというのはこういう特性のせいか、高音主体が一気に中音主体まで下がるようなPOPS
Paul McCartney & WINGS のVinus & Mars~Rock Showなんかは最初きらびやかな高音が鳴ってはっとしますがメドレーでRock ShowになったとたんAMラジオって感じです、確かにアンバランス私の耳でもアンバランス

試しにびびりまくるiPod classicのイコライザーで低音持ち上げてみると、あらビックリ音質劣化しないね実際はしてるんだけどね気になるレベルじゃないよNorah JonesのDont Know Whyでびびら無かったから大丈夫
実用上は文句なし、これがうれしい誤算
しばらくドンシャリER-4S運用してみます

オソマツ

今日の作業のために作業部屋(和8畳)の電灯消し忘れに気が付いてふと見るとルーターと半田ごてとホットボンドがコンセントに挿しっ放っ、これもインフルの影響か?皆さんもご注意を

2012年3月 6日 (火)

ER-4S バランス化

もう何でもバランス化にしてしまう病です
今回の餌食はER-4S

Img_0281_2

もうね無くしたもは帰ってこないので新たなもの試したくてずーっと前から気になってたER-4Sもうここらが下げ止まりかと思ったが吉日の16800えん、早速一聴!
いきなり高音がシャリ付く感覚、しばらく聞くと慣れる、あーいい解像度新たな音も聞こえるし、でも一番驚いたのが低音のほうEdition8より好き!シャープな切れ味、中低音も繋がってるのでダイナミック感が半端ない上に中高音が繊細なのでバロックのストリングスもいい厚めの音設定のDB2+PB2には最適

ただ最大の欠点が音場、バランス化に慣れた脳には左右と頭内真ん中にしか聞こえない、まるで60sのレコードみたい、もうバランス化しかないとの決意で1時間後にはプラグから20cmをプッチン、赤、白、黒、剥き身、のオーソドックスな4極、で極性チェック赤R、黒L、剥き身GND、白は繋がってない、あーまたY字バラシしかも今度は抵抗入りなので慎重に(買っとけば良かった)カッターで少しずつ削って抵抗取り出しに成功
でドライバ側の撚り線これがまた同色の銀しょうがないのでドライバ側を外す、慎重に爪を差し込んでゆっくりとね

Img_0282_2


Img_0290

上側が(-)径約1mm下が(+)径約1.25mmと言うのが判明(ブログで調べた)したのでちゃっちゃと抵抗とY字は繋げた後はさっき切った4極線を戻すだけだが撚り線に比べてあまりにも太すぎるのでT-51で作ったのを流用(T-51のイヤホンよおさらば)
出音テストしてOK

でじっくりと聴くこと3時間いや全くもって変わったRE-ZEROの音場は左右が寄って来て真ん中に球面が浮上してくる感じだったが、ER-4Sは左右がそのまま半円状に大きく繋がる感じいやこれは大きな違いだ音場がむしろ広く感じる、欠点解消!とにかく低音がお気に入りのER-4Sの1stでした

2012年3月 2日 (金)

失ったものは大きかった

愛用のHIFIMAN RE-ZEROとSHURE E4Cをソフトケースに入れてハンドリングこれが標準装備でT-51を使用するときはSE530これが最近の定番

で最近組織替えや移動で飲み会が多くその日もリュックにiPodとiBassoのバランス機とT-51phoneはGRADO RS-1i
Edition8と先のイヤホン組とフルラインナップ、新しい人を洗脳しようと飲み会でフル駆動何故かイヤホンの出番はなかった、その日は22:30に帰宅バランス化の部品4極プラグ(全てミニ3.5mm)が届いていたので明日か明後日に改造しようかと思ってHIFIMAN RE-ZEROとSHURE C4Sのソフトケースを探すも無し、ありゃ1週間探し続けたが見つからない何処で落としたのやら、ショック!!二つとも今や持ち出しの定番だっただけにショックはでかい
E4Cは個人的にはSE530よりも好みの音だけにテンション下がる今や売ってないし

で気を紛らわせるために何かに集中しようと断線気味だったRS-1iの修理をしようと思いたった
HIROSEの6pinはよく断線するので4極ミニプラグへ変更、断線原因は硬いケーブル同じHIROSEでもedition8は大丈夫平型でねじれには追従するのでプラグの根っこは緩まない詳細はまた今度

さらにリッツ線のバランス化に挑戦失敗を想定してなんかいい材料はないかと探すとあったT-51付属のイヤホンこれなら壊れてもOKで見事に成功、結局Y字のところもバラす羽目になったけど割と簡単だった

音は正直変わらないけど空間がまあるくなった、こちらも詳細は次回へ

2012年1月15日 (日)

運持ってるのかな?

Img_02612_2
先日ウチの子が一番くじ2枚600円で見事、ジョリーンとジョナサンを当てて来ました
普段からあまり使わない子なのですがたまにやると大抵当てるんですよ上位のもの
わたしゃ当たったためしなし、ほとんどが2次元のセコイもの
どんな運持ってるのかな・・・・

で私のほうは少しうれしい事が
なんと焼きそばに卵一個を極薄く延ばしてかぶせるのに、成功

Img_0273
九州では良く見かけましたがこっちでは食べたこと無かったのでずっと作っては失敗してまいた
本当は卵3つぐらいで作るんですがダイエットのために卵1つで挑戦し続けること約1年
でコツはテフロンフライパンで油は薄く余熱のみで作る、被せるときはフライパン密着させて上から
お玉もしくは木製のしゃもじでコンコンと軽く叩く
卵と焼きそば良く合いますよ、ふりかけ海苔はやめたほうがいいですね


今更ながらiModとRockbox おかげでお値打ちでした

Img_0271

iModにケーブルは出来合いでカスタムで作ってもらいました、最初だからいいかなとコンデンサーは美音系と評判のBlackgate47μFを選択(なんとなく)


Img_0272

で、こっちはiBasso PB2のバランスドアウト

今回はバッテリーも850mAHに換装、後はSSDかこれなら自分でも出来そうだけど(まだ高いがもう安くもならないねZIFなので)

時代に逆行する形でiModですコンデンサー落ち着くまでのバーンインが必要らしいけど
アンプはiQube STEPDANCE そしてデジタルでメインのPB2、ホンはGRADO RS-1i

先ずはiQube、うーんどれも可って感じ、悪いところはない、もともとそんな優等生なんだけど外で聞くにはおとなし過ぎる

まあこれは、置いといてSTEPDANCE 初見から来た来た例のキレのよさと粒立ちクッキリ系これで決まりでしょって感じの音正直5.5Gのほうが合ってますねこのアンプは
最近出番がほとんど無かったので新天地メインで行こうかなと思ってずーっと聞いてみる
でもなんか違和感がある、正直音質は聞きくらべるまでも無いSTEPDANCEがPB2に圧勝

でデジタルメインのバランスドアンプiBasso PB2聴いた瞬間「これだっ」て叫ぶ、物足りなかったのは空間やっぱりバランス接続は良い、STEPDANCEに比べても高音が伸びないのがさらに良いニュートラルな音質w

価格comの例の御大さんに似てきたなあ、バランスって罪です、もうもどれましぇーん
これに比べるとSTEPDANCEはのっぺり平面式、音質と空間でやっぱり空間好きな私
人間真に気に入ると保守的と言うか、ハデよりも中庸を好むのか?それとも感覚が狂ってきたのかいやいや正月番組のストラディバリウスの音を聴いた瞬間にこっちって判った私、でもストラディバリウスはハデ過ぎるんですね鳴り方がこれは重奏には向かないやと初心者用のほうが多重奏には向くと思った私の感性を信じよう
もう全然空間が違うんです特に真ん中よりの音がぐわんと盛り上がっちゃってる気持ちいいー
STEPDANCEは息が詰まる、(あくまでも個人の感想です)

で面白いのはRockbox、音は確かにクリアになるけどこれにクロスフィードの設定があります左右の音のずれる度合いや周波数がどれくらい減衰して聞こえるかとか細かな設定できるんですが明らかに音質に違和感があり、こりゃダメだって思ったんですが、なんとなくモニターしながら少しずつ設定を変えてみる、するとある設定で音質に違和感が無くなり空間が前へ前進(笑うとこ)ながらだったので思わずスピーカーから?って錯覚するほど面白い、おもしろいやんけ、これはイヤホンよりもヘッドホンのほうが効果高そうRE-ZEROだとまた設定いじらないとダメなのかな?プリセットがあればいいんだけどね

うーんこうなるともう一台PB2いや次はバランスドRSA P-51で決まりかな?
まあもう少し遊んでみます、初日はバランスドの圧勝でした

でつくづく思うのはRS-1iからRE-ZEROに換えても相変わらず違和感なしクロスフィードではあったけど、これはボクシングで言うスリップダウンみたいなもんで(なんのこっちゃ)、RE-ZEROええわあ本当に良いこれしか表現できません先にあげた中庸感覚ってやつを教えてくれた一品、これが初見で良いと思えるあなたはレベル高いですと自慢できるぐらいに錯覚します、結局音のバランスなんでしょうけどね、以前の1000円ヘッドホンと同じなんでしょうね、でもSE530とかEdition8みたいなのとはしょせんレベルが違いますから高音が綺麗と言っても伸びてないし下品だけど高音ならT-51の付属のほうがむしろ伸びてるし、でもその控えめなところがいい

そう言えば昔からバランス派だったな、日本のてんこ盛りピザなら厚めの生地の方が絶対にあってるし、とんかつはみそかレモン塩か梅塩が合ってると思うし、アサヒとジョージアのコーヒーは薄すぎでサントリーとJTのほうが好きだしビールはもちろんサントリーのモルツだし、トーストは絶対に8枚切りがベストだし、お好み焼きもソースより絶対に合うものがあるって思ってたし、焼きそばはインスタントは絶対に粉ソースのほうが美味いし、フィレステーキよりも絶対にサーロインだし、なんか世間とズレテマス

2012年1月 7日 (土)

T-51付属いやほん(TL-R8)

Img_0264

本日T-51付属のイヤホンTL-R8を初聞き、正直どうせ付属品だし見た目いいかげんな造りだしどーでもいいんだけど一応聞いとかないとねって感じ

聴いた瞬間思ったほど悪くないね、ドンシャリで低音はぼよよーん低音から高音まで繋がり悪いし、いいところは高音が刺さらないこと、これで低音が締まれば元気な子、でもまあ聞けると言えば聞けるかな繊細さはまるで無いが篭り感は少ないので初心者ならオススメレベルか某wikiでは500~1000円って書いてあったけど私ならもうチョイ評価して1000~2000円今の改悪フィリップスよりはバランスはいいとは思う、デザイン良くしないと絶対に売れ無いのも確かですが

合うのはズバリ子ども向けの明るく楽しくノリ良い曲、例のアンパンマンマーチは元気が出るよ
これで聞いた後RE-ZEROで聞くと超高級イヤホンに思えるから何か得した気分
これから刺激が感じられないときは聞こう

«DB2 再発見